職場環境のせいで精神的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、…

会社が原因で心的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況となったなら・・

仕事をするにあたって心的につらくなり、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、職場の人に相談ではなく家族と相談しながら会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、仕事をするのはあなたのためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。どんなに高い給料を手にしたからといって、精神が追い込まれるまで仕事をするのは健全ではないはずです。今の時代は金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしていく生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの身内とともに、あなたの心と体を大事にしましょう。

いわゆるスマートフォンで調べればネットで見られる世界では…

PCやスマホで調べればインターネット上では、今では転職系のサイトがかなりの数あったりします。その多くのサイトから自身にあった転職先と思えるのを見付けるために、とりあえず情報を収集することをする必要があります。こういう「転職サイト」をしっかり活用することで、効率的に転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら確かめてみましょう。

自身のスキルが有利にはたらくように転職を考える場合…

今の自分のスキルをふまえて転職活動を考える際は、比較的、転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう業種としては、慢性的に人手が足りない医療や介護系の仕事が代表でしょう。看護師、介護士は「資格」を必要で、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、何かしらの理由によって異業種へ再就職してみたいと思う場合は、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。簡単に考えないことが重要です。転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事ではなかなか厳しいものになると覚悟しておきましょう。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるな…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいということを即、上司に伝えておきましょう。ですが、相談という形で話せばもしかすると高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職したいことをはじめて直属の上司へと相談したのが年度末で、実際では退職届けを出せたのは同年の11月です。予定としては、仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、その会社に対しての心の底から呆れてしまいました。

女性が転職する際、セクハラが社会問題となっている現代・・

女性が転職する際、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは若干の違いがあるようです。一昔前は面接の場で、結婚観や結婚後の仕事などについて、ごく普通に質問されることがありました。でも、今の社会では、結婚や出産などについては、セクハラに該当する恐れがあるとして、質問を避ける企業が増えています。そしてまた、名の知れた大きな会社の場合は、かなり神経を尖らせているようです。ただ実際、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の生き方、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自身の人生設計を理解しておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に言い表すことで、相手方の疑問も解消できると思うのです。ですから、たとえ、聞かれていない箇所も先にあなたから率先して答えておくのが良いでしょう。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました