Author

未分類

新たな職場にてあなたの過去のスキルを生かすことができれ…

新たな仕事でそれまでのスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から評価されて、すぐに仕事場で存在感を得られるでしょう。人を募集している雇用先も即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえうまくいけば、難なく採用されるでしょう。それに加えてかつての仕事と同じような仕事なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。
未分類

日本には古来より”石の上にも3年”という諺もありますが・・

日本には古来より”石の上にも3年”という教訓があります。現在、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が当たり前の世の中になってまいりました。そうではあるものの、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと職を変えようとするのはキケンです。
未分類

もしも転職したいと考えているなら、先に資格を取得することで有利に事が運びます。

もしも転職したいと考えているなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、在職中に資格取得をしておくと、転職の際でそれを生かせることができるので、転職先を探すのが簡単になります。そんなわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階の資格取得が最適といえます。
未分類

初挑戦の業種などに転業したい場合には、以前の業界で、自分…

初挑戦の業種などに転身したいと考えている場合には、自分が以前の職場で身についた能力やこれまでの経験を発揮することができるという内容の訴えが必要です。そのジャンルに勤務したことがない人は経験していない分だけその業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、不足することはありますが、自分が保持している力がそこでも十分に生きるということを相手に話すことができれば、勝負になる場合も十分にあります。
未分類

就職活動をする場合に注意して欲しい求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、…

就職活動に注意が必要な求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めのものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることが非常に多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間や45時間といった形で求人の内容に時間の併記があるはずです。
未分類

自分の好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。

自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。私が実際に体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが趣味だったのですが、それが理由で料理店で勤務していたことがあります。そのレストランでの業務内容は、そのお店で任されていた業務は、盛り付けやホール業務でした。
未分類

転職活動で「振り返るとこういった内容の仕事をがんばりまし…

励んでいる転職活動の際、「自分はこれまでこういった職場の仕事に従事してきました」「仕事の中で手にした技術は、、、です」とそれまでの自分自身の実績をよく伝わるようにアピールする人はときどき見かけます。ただし、希望する再スタートを図る職場で「将来、こういったことをしたい」「このようなことであれば貢献したい」と将来のプランを話して自分自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。
未分類

かつては求人情報では、必要とする人材の「性別」まで当然のように書かれていました。

数年前は求人誌では、募集条件の中に「性別」が、書かれているのがほとんどでした。ですが、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、雇用する際、男女差別がしてはいけないルールができて、応募資格の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな変化があるものの、募集する企業側には性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。
未分類

転職活動を開始する際、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思います・・

転職活動を開始するとき、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、投稿の内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。
未分類

転職サイトでは、登録後、電話・メールで何回も連絡が入ります。

転職サイト一旦登録すれば、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。転職初心者は非常に驚くことが少なくありません。転職エージェントは転職を後押しすることがその役割なので、本当に積極的にかまえています。とりわけ大手エージェントは、転職を完了させることによって企業から報酬が入る仕組みなため、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。
タイトルとURLをコピーしました