未分類

未分類

転職を視野に入れているなら、転職前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

もし将来、転職したいと考えているなら、事前に「資格」を取得しておくと有利になります。また、仕事を続けながら資格取得をしておくのがお勧めです。転職活動でそれを生かせるので、新たな仕事を見つけやすくなります。そのため、在職期間中での資格取得がもっとも良いと言えます。
未分類

全くの初挑戦の業界などに転職を行う際は、前の業界で身についた腕前…

これまで経験したことがない業界などに転身したいと思っている場合には、以前の仕事で育んできた力やこれまでの経験値が生かせるという内容のアピールがいるようになります。その分野の未経験者は経験していない分その業種で今まで働いてきた人たちよりも足りない部分はありますが、自分自身の持っている力がその業界でも十分に発揮できるということをうまく相手に伝えれば、戦うことができるケースも考えられるのです。
未分類

転職活動をするときに特に注意したほうがよい募集内容は・・

就職するため職探しをする場合に特に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長いというものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがたいへん多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という風に求人の内容に時間の併記がされています。
未分類

自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就き…

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、それが高じて、過去には、飲食店で仕事をしていました。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で私が任されていた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務です。
未分類

がんばっている転職する活動中に、「経験としてこういう職・・

転職する活動時、「私は今までにこのような種類の仕事に尽力してきました」「これまでにこのようなスキルを身につけました」とそれまでの成功体験などを強調してアピールする人は頻繁に見かけます。が、志願しその組織で「可能ならばこういった仕事をしたい」「私が経験したような業務なら貢献できるはず」と将来的なビジョンで自身をアピールしていったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。
未分類

一昔前の求人情報に募集条件の中に「性別」まで、明記されていました。

以前は求人誌では、雇用側が求める人材の「性別」が記載されているのが普通でした。ところが現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別がしてはいけないルールができて、応募資格のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかし募集する側には男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。
未分類

転職活動をするとき、いろんな方法で情報を集めることが多いと思います・・

転職活動をするにあたっては、様々な方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に有益です。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、口コミの内容が嘘であれば、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。
未分類

転職サイト一旦登録すれば、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、頻繁に電話やメールをしてきます。これに対して初めて利用する人はかなりびっくりすることが多々あります。転職エージェントは転職をサポートすることが業務だといえるので、とても積極的な姿勢でいます。その中でも大手のエージェントは、転職を完了させると企業からお金を受け取る仕組みであることから、転職者の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。
未分類

転職した会社でこれまでに培われてきた資格やキャリアを活かすことができれ・・

新しい職場で、それまでのスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から認識され、早々に職場にも馴染めるし、いい人を求人している会社としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえあえば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。それに加えて以前の仕事内容と同じ仕事内容なら可能性はおおいにあります。
未分類

古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともにその背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは当たり前の世の中になってまいりました。しかしながら、当たり前に転職が可能だと思い込み簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。
タイトルとURLをコピーしました