未分類

未分類

もし将来、転職したいと考えているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしもあなたが近い将来、転職するのなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事を続けながら資格取得しておくのがベストです。転職活動にそれを有効活用できるので、新しい仕事を見つけやすくなります。というワケで、在任期間中が資格取得においての一番良い時期なのです。
未分類

今まで経験したことのない分野とかに転職する際には、自分が前の職で…

初挑戦となる分野などに転業したいときには、以前の仕事で培ってきた腕前や経験値が生かせるという内容のアピールが必要になります。その業界の未経験者はその分その分野で勤務したことがある方よりも実際のところ、不足することはありますが、自分自身が保持している力がそのジャンルでも十分に生きるということを相手に伝えれば、戦えることもあり得ます。
未分類

就職のため職探しをする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容・・

転職活動中に特に注意すべき求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。このような募集内容の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間・45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記がされています。
未分類

趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意です。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は要注意です。私が実際に経験したことなるのですが、私の場合、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で、以前は、料理店(レストラン)で勤務していた期間があります。その飲食店での業務は、その飲食店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。
未分類

がんばっている転職活動の際に「自分は今までにこのような…

今がんばっている転職活動中に、「自分はかつて、このような職場の仕事をがんばってきました」「仕事の中でこのような経験に磨きを掛けました」と経歴をよく伝わるようにアピールする人は頻繁に目にします。しかし、転職希望する新しい場所で「可能ならばこのようなことをしてみたい」「このような内容の仕事ならぜひ貢献できるに違いない」と未来の話をして自身をアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。
未分類

かつては求人誌に募集条件の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。

何年か前までの求人情報には、募集条件の中に「性別」について、きちんと明記されていました。でも、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用時、男女差別がしてはいけない事となり、求人情報の概要に「性別」が記載されなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す企業は、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。
未分類

転職活動を行う際、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思います・・

転職する場合、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトはぜひとも利用すべきです。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復によってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、違った視点から見れば、ウソばかりの投稿であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。
未分類

「転職エージェント」で登録したあとに、電話・メールがしつこく掛かってきます。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。このことに対して初めて利用する人は大変ビックリするはずです。転職エージェントは転職を推進することが役割だと考えられるので、大変積極的な姿勢を見せます。中でも大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬が支払われるシステムといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。
未分類

新たな職場でそれまでの実力を活かすことができれば、即戦力として仕事をすることがで…

新しい勤め先で、これまでに培われてきた実力を活用できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に仕事場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている会社側も、スキルを持つ人材は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。加えて今までの仕事内容と近い内容であれば、見通しは十分にあります。
未分類

昔から「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、現在の社会で・・

日本には古来より「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいえ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。転職したいなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。
タイトルとURLをコピーしました