未分類

未分類

以前は求人情報に募集条件の中に「性別」について、当たり前のように書かれていました。

今までの求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、書かれているのが一般的でした。けれど現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用時、男女差別があってはならないとして、募集要項に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、働き手を募集する雇い主としては、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。
未分類

転職をするにあたっては、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが、…

転職を行う場合、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社させられた元社員の報復によってその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。
未分類

転職サイトに一旦登録すれば、電話・メールが頻繁に掛かってきます。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールが何度も掛かってきます。これに関して転職初心者は大変驚くことが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが役割だとされるので、大変積極的です。特に大手のエージェントは、転職を成功させると企業からお金がもらえる仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多々あります。
未分類

新しく就いた仕事で今までに培われてきたスキル・キャリア生かせた・・

新たな仕事で今までに培ってきたスキル・キャリア生かせたら、即戦力として認識され、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり雇い主も即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、わけなく採用されるでしょう。更にかつての仕事と同じなら転職すること自体すんなり行くはずです。
未分類

日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが・・

昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。
未分類

もしも転職をするなら転職前に資格を取得することで有利になります。

もし転職をするなら転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取ると転職時にそれを生かせるので、新しい職場も探しやすくなります。であるため、資格取得するなら、在職期間中にベストなタイミングといえます。
未分類

全くの初挑戦の業種などに職を移そうとするときには、前の職場で、自…

未経験である業種などに転職をしようとするときには、自分が以前の会社で身についたスキルや経験したことが生かせるという内容の訴えがいるようになります。働いたことのない業界の場合、経験のない分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、不足することはありますが、自らの持っている力がその業種でも発揮することができるということを相手に伝えれば、戦えるケースも十分にあります。
未分類

転職するため仕事探しをする際に注意すべき求人の募集内容は・・

転職するため職探しをする場合に気を付けるすべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長いというものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。
未分類

自分の大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は要注意です。

自分自身の好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが趣味でそれが高じて、前に、飲食店(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。
未分類

転職する活動で「私はかつて、こういう種類の仕事に従事してきまし…

励んでいる転職活動をしているときに、「私は今までずっとこのような価値のあるの仕事をがんばりました」「今までに手にしたスキルは、、、です」とそれまでの自分の経歴をがっしりアピールしなくちゃと考える人は多くいます。が、希望する再スタートを図る場所で「近いうちにこうありたい」「斯くの如き内容の業務をするのなら積極的に参加したい」と将来のプランを話して自己をアピールを狙ったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。
タイトルとURLをコピーしました